いわき市の福島労災病院のサイトです。

MENU

緩和ケア

 当院の訪問看護室は従来よりがん患者を対象とした緩和ケアをしており、携わるメンバーも緩和ケアチームと重複するため、緩和ケア・在宅部会として活動しています。

緩和ケアって?

 がんによるからだやこころの苦痛を持つ患者さんや家族に対して、痛みやさまざまな辛い、苦痛な症状を和らげる医療を緩和ケアといいます。緩和ケアは、決して痛みが強くなってきてから受けるものではなく、がんと診断されたその時から受けることが望ましいのです。病気を持ちながらも人間としての尊厳を持って生きていくことができるように、患者さんとそのご家族の生活の質の向上を支援します。

緩和ケアチームって?

心配事に対してサポートする体制を整えています。当院の緩和ケアチームは、医師、看護師、薬剤師、医療ソーシャルワーカー、栄養士、理学療法士、作業療法士、臨床心理士という多職種によるメンバーで構成され、それぞれの専門家が協働して以下のような活動をしています。

  1. がんによる苦痛症状や痛みの緩和のための病棟ラウンド
  2. 統一した治療が受けられるように痛みのプロトコルの作成
  3. 実施した治療や看護の評価
  4. 緩和ケアの知識や技術を向上させるための研修会の開催
  5. 緩和ケアリハビリテーション、緩和ケア訪問リハビリテーションの実践

緩和ケアチームラウンドの実績

<緩和ケアチームラウンド>

・週1回病棟ラウンドを主要メンバーで主治医や病棟看護師からの
 相談に対応し、家族面接、病室訪問なども行っています

<緩和ケアチームミーティング>

・月1回のミーティングではラウンド報告、学会や研修会の報告 
 院内の緩和ケアに関する諸問題について検討をしています

緩和ケア外来

 がん患者の痛みやその他の苦痛症状を緩和するため毎週木曜日15:00~16:00に緩和外来を開設しています。患者さんやご家族の希望があれば受診できます。受付窓口は相談支援センターにご相談ください。
がん性疼痛看護
認定看護師

緩和ケア訪問リハビリ

 緩和ケア訪問リハビリテーションを行っています。患者さんとその家族の要望を把握したうえで、その時期に可能な最大限の日常生活動作支援や症状緩和(浮腫など)を行います。
理学療法士

訪問看護についての紹介

 当院の訪問看護室は平成8年に開設し在宅緩和ケアを中心に看護してきました。いわき市は、高速道路のインターチェンジが5箇所もあるほど面積が広く、四季折々の風景の中を、東西南北に当院のトレードマークであるふくろうが描かれた車で訪問しています。

 平成21年12月の緩和ケア病棟開設に伴い、訪問看護部門は緩和ケア病棟に併設されました。在宅看護を希望される場合は、入院中に輸液ポンプの使用方法や看護の指導を受け、在宅に移行するシステムをとっています。

 住み慣れた我が家で、最期の時間を家族やペットに囲まれて自分らしく過ごせるように、私たちが支援させていただきます。

職員募集、医師、看護師など私たちと一緒に働いてみませんか?

臨時休診のお知らせ

4月19日(金)
外科 武藤淳先生
代診なし
整形外科 高瀬勝己先生
代診なし
泌尿器科 蓑田亮先生
代診なし

4月24日(木)、25日(金)
総合内科 渡辺毅先生
代診なし

4月26日(金)
腎臓内科 草野裕樹先生
代診なし

5月7日(火)
皮膚科 岩月啓氏先生
代診なし

5月10日(金)
整形外科 高瀬勝己先生
代診なし

5月24日(金)
皮膚科 石川先生
代診なし

6月7日(金)
リウマチ・膠原病内科 佐々島先生
代診なし

Go Page Top