いわき市の福島労災病院のサイトです。

MENU

概要

当院は厚生労働大臣より地域がん診療連携拠点病院の指定を受けています。

がん診療連携拠点病院とは

 がん診療連携拠点病院とは全国どこでも質の高いがん医療を提供することができるよう、がん医療の均てん化を図ることを目的に県が推薦し国が指定する医療機関です。がん対策を総合的かつ計画的に推進することを目的に制定された 「がん対策基本法」(平成18年6月公布、平成19年4月施行)においても大きく分けて① がんの予防及び早期発見の推進、②がん医療の均てん化の促進等、③ 研究の推進等の3点が基本的施策として掲げられています。がん診療連携拠点病院はその役割により都道府県がん診療連携拠点病院と地域がん診療連携拠点病院に分かれています。

(1)都道府県がん診療連携拠点病院

 都道府県がん診療連携拠点病院にあっては都道府県に1ケ所程度整備されることとなっており、都道府県の中核的な病院として高度ながん医療の提供をはじめ 地域がん診療連携拠点病院等に対する研修や診療支援等を行うもので、福島県においては福島県立医科大学附属病院が指定されています。

(2)地域がん診療連携拠点病院

 地域がん診療連携拠点病院にあっては2次医療圏(福島県においては、会津、 南会津、県北、県中、県南、相双、いわきの7つの医療圏があります。) に1ケ所程度整備されることとなっており、2次医療圏の中心的な役割を担う病院として専門的ながん診療の実施や地域住民に質の高い医療の提供を行うもので、当院は平成15年8月26日にその指定を受けています。

 

地域がん診療連携拠点病院としての取組について

 地域がん診療連携拠点病院の機能については、診療体制として集学的治療の提供体制及び標準的治療等の提供・化学療法の提供体制・緩和ケアの提供体制の整備等、専門的な知識及び技能を有する医師及びコメディカルスタッフの配置等、専門的ながん医療を提供するための治療機器及び治療室等の設置等が求められており、情報の収集提供体制としては相談支援センターの設置・院内がん登録の実施等、研修の実施体制としては2次医療圏においてがん診療に携わる医師等に対する研修の実施等が求められています。

 このことから、当院はがん診療連携拠点病院として、いわき地区等におけるがん医療の中心的な役割を担い、確実にその使命を果たすことを目的として、院内に医師・看護師・薬剤師・放射線技師・臨床検査技師・理学療法士・作業療法士・心理判定員・MSW・診療情報管理士等の各専門職種からなる「地域がん診療連携拠点病院委員会」を組織し、チーム医療での活動を通して質の高い医療の提供を行っ ています。

 また、その活動を更に効率的且つ機動的に機能させるべく「地域がん診療連携拠点病院委員会」を

  1. 化学療法室運営部会
  2. 化学療法治療計画審査部会
  3. 在宅・緩和ケア部会
  4. がん登録部会
  5. 相談支援部会
  6. がん対策広報部会
  7. 放射線治療部会

の7つの部会に細分化し各々が積極的に活動しています。

 

PDCAサイクルの構築

当院の診療機能や診療実績、地域連携に関する実績や活動状況の他、患者QOLについて各部会で把握・業務計画を作成し、各部門の代表者等で構成される「地域がん診療連携拠点病院委員会」へ報告・提案をしています。委員会は各部会の実績や活動状況の報告をもとに業務計画に沿っているか評価し、沿っていない部分を改善策を講じるよう指示しています。重要事項においては必要に応じ、院内の運営会議や幹部会議にて報告しています。
院内のこれらの活動状況を福島県がん診療連携協議会や各部会の場で情報共有、相互評価をしています。そして、協議会や各部会で得た情報を当院に持ち帰り、共有・改善策を講じています。

PDCAサイクル

Go Page Top