いわき市の福島労災病院のサイトです。

MENU

  • HOME »
  • 輸血に関する当院の基本方針

輸血に関する当院の基本方針

 福島労災病院は、患者様の「生命」を最優先とした医療を行うため「相対的無輸血」の方針に基づき、
宗教上の理由等により輸血を拒否される場合は、以下の基本方針に則り対応させていただきますので、
予めご了知くださるようお願いいたします。

 

※ 相対的無輸血とは … 生命の危険や重篤な障害に至る危険がない限り輸血を拒否すること
                (輸血をしないことよりも生命の維持に優位的な価値を認めること)

※ 絶対的無輸血とは … 例え生命の危険に陥るとしても輸血を拒否すること
                (生命の維持よりも輸血をしないことに優位的な価値を認めること)

 

【基本方針】

1. 全ての手術や出血の可能性がある検査及び治療に際しては、事前に輸血治療に関する説明を
  させていただきますが、緊急時において輸血治療以外に救命手段が無いと医師が判断した場合、
  患者様等の同意が確認できなくても輸血を行うことがあります。

2. 輸血をする可能性がない検査及び治療に関しては、全ての患者様に対し最善の医療を行いますが、
  輸血を必要とする可能性がある検査、処置及び手術に関し、絶対的無輸血の場合は当院では治療を
  行わず転院をお勧めいたします。

3. 絶対的無輸血治療を行っている他医療機関等に関するお問い合わせ、ご紹介はできかねます。

 

福島労災病院長

Go Page Top