いわき市の福島労災病院のサイトです。

MENU

消化器科

概要

対象疾患

食道、胃、腸、肝臓、胆嚢、膵臓などの病気を診断し、治療をします。
対象となる病気は、お腹の臓器の悪性疾患(癌)、ポリープ、潰瘍、腸炎、肝炎・肝硬変、胆石、膵炎など多様です。

特色

 消化器科の理念として、誠実な医療の提供とチーム医療の実践を掲げています。
 診断・治療においては、薬物療法、内視鏡、超音波、放射線、血管造影、核医学検査等を駆使し、患者さんの個々の病態を考慮した診療をしています。手術が必要と判断した病気は、速やかに外科へ紹介いたします。
  日々進歩する消化器病診断・治療を積極的に導入し、地域の皆様に良質の医療を提供できるよう努力しております。また、患者さんとの対話を重視した診療を心掛けておりますので、不明な点があればスタッフに気軽にご相談下さい。

他の医療機関との連携

 病診・病病連携を推進しており、近隣医療機関との円滑な協力体制にも十分な配慮しております。セカンドオピニオンをご希望の際には、誠実に対応いたします。
 2013年度の実績は、紹介患者数は2328人(紹介率 80%)、 逆紹介患者数は3620人となっております。

認定・研究内容

 自己の研鑽と共に、消化器科の診療レベルアップを目指して、積極的な学術活動を心掛けております。臨床研修指導施設として、研修医の受け入れ体制の充実も計っております。消化器専門医を目指す若手医師にとって良い修練の場に成り得ると考えています。
 現在、日本消化器病学会認定施設、日本消化器内視鏡学会認定指導施設、日本肝臓学会指導施設、日本超音波学会認定超音波専門医研修施設、日本内科学会関連施設となっておりおます。

医師紹介

<副院長>江尻 豊

医師よりみなさまへ

病気に対する不安感が少なくなるように、丁寧で分りやすい説明を行うことを心がけています。同時に、皆様が話しやすい雰囲気作りも心がけたいと思っております。

【略歴】
  • 平成 5年4月
     福島労災病院 消化器科
  • 平成11年7月
     福島労災病院 消化器科部長
  • 平成21年4月
     福島労災病院 主任消化器科部長
  • 平成23年4月
  •  福島労災病院 福島労災病院副院長
【所属学会】
  • 日本内科学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本臨床腫瘍学会
  • 日本肝臓学会
  • 日本超音波医学会
  • 日本癌治療学会
  • 福島医学会
【専門資格】
  • 医学博士
  • 福島県立医科大学臨床教授(消化器内科)
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本消化器病学会(指導医)
  • 日本消化器内視鏡学会(指導医)
  • 日本超音波医学会(指導医)
  • 日本肝臓学会(専門医)
  • 日本内科学会(認定内科医)
  • 日本がん治療認定医機構(がん治療認定医)
  • 緩和ケア指導者研修会修了
  • 臨床研修指導医
【専門分野】
  • 消化器内視鏡による診断と治療
  • 消化器がん診療

<主任部長>鈴木 智浩

医師よりみなさまへ

肝臓病を中心に、消化器科全般の診療に携わっております。肝臓病はほとんど症状がなく、気がつくと病気が進んでいることがありますので、定期的に検診を受けかかりつけ医を持つことが大事です。開業の先生方と連携してより良い診療ができるよう心がけたいと思います。いわきの出身ですので、気軽に御相談ください。

【略歴】
  • 竹林病院
  • 公立岩瀬病院
  • 福島県立医科大学付属病院を経て現職
【所属学会】
  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本肝臓学会
  • 日本超音波医学会
【専門資格】
  • 医学博士
    日本内科学会(総合内科専門医、指導医)
  • 日本肝臓学会(専門医、指導医)
  • 日本消化器病学会(専門医)
  • 日本消化器内視鏡学会(専門医、指導医)
  • 日本がん治療認定医機構(がん治療認定医)
  • 臨床研修指導医
  • 緩和ケア研修会修了
【専門分野】
  • ウィルス性肝炎の治療
  • 肝細胞癌の治療
  • 自己免疫性肝疾患の診断と治療

<部長>田井 真弓

医師よりみなさまへ

出身大学のある北九州を中心に勤務後、平成13年よりこちらに勤務しています。消化器疾患では、内視鏡をはじめ、肝臓、胆のう、膵臓等に関連した様々な検査や処置がありますが、全員が交互に関わりながら行っています。新しいことを取り入れながら、少しでもよい診療を行ってゆければと思っています。

【略歴】
  • 産業医科大学病院
  • 社会保険小倉記念病院
  • 社会保険稲築病院
  • NTT西日本北九州病院を経て現職
【所属学会】
  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本超音波医学会
  • 日本肝臓学会
  • 日本静脈経腸栄養学会
【専門資格】
  • 日本内科学会(認定内科医、総合内科専門医)
  • 日本消化器病学会(専門医)
  • 日本消化器内視鏡学会(専門医、指導医)
  • 日本静脈経腸栄養学会(認定医)
  • 日本がん治療認定医機構(がん治療認定医)
  • 産業医科大学基本講座ディプロマ
  • 緩和ケア研修会修了
【専門分野】
  • 消化器科一般

<部長>市井 統

医師よりみなさまへ

当病院は約380床の中規模病院ですが、消化器疾患に対する検査・治療に関しては市立病院と並び地域での中核を担っております。近年の医師不足の波も当院に及んでおり、やるべき仕事は増えておりますが、スタッフとの密接な関係を築いて効率よくこなしていけているのが現状です。いわき地区の患者さんにより良い医療を提供するために、一緒に働く医師が増えてくれることを切に希望しております。

【略歴】
  • 東京医科大学病院第四内科
  • 東京労災病院を経て現職
【所属学会】
  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本肝臓学会
  • 日本超音波医学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本医療マネジメント学会
  • 日本臨床腫瘍学会
【専門資格】
  • 日本内科学会(認定内科医)
  • 日本消化器病学会(専門医)
  • 日本消化器内視鏡学会(専門医、指導医)
  • がん治療認定医機構(認定医)
  • 緩和ケア研修会修了
【専門分野】
  • 消化器全般

<部長>松橋 暢生

医師よりみなさまへ

精一杯頑張る所存ですのでよろしくお願い致します。

【略歴】
  • 茨城保険生協城南病院
【所属学会】
  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本肝臓学会
  • 日本膵臓学会
【専門資格】
  • 日本医師会認定健康スポーツ医
  • 臨床研修指導医
  • 緩和ケア研修会修了
【専門分野】
  • 内科
  • 消化器科

 

<副部長>喜田 栄作

医師よりみなさまへ 

平成25年4月から3年ぶりに赴任しました喜田栄作と申します。消化器医師としていわきの地域医療に貢献したいと考えています。何卒よろしくお願い致します。

【略歴】

産業医科大学
福島労災病院
産業医科大学
産業医科大学若松病院を経て現職

【所属学会】
  • 日本内科学会
    日本肝臓学会
    日本消化器病学会
    日本消化器内視鏡学会
【専門資格】
  • 緩和ケア研修会修了
【専門分野】
  • 消化器疾患全般

 

<医師>小屋 有代

医師よりみなさまへ

 平成28年4月より赴任いたしました小屋有代と申します。消化器内科を専門としております。出身地が山形県であり、同じ東北の福島県には非常に親近感を持っております。また、いわき市の方々は非常に人柄があたたかいと感じています。そのような土地で勤務させて頂くことに有り難みを感じながら、少しでもいわきに貢献できたらと思っております。よろしくお願いいたします。

【略歴】
  • 産業医科大学病院
  • 産業医科大学若松病院を経て現職
  •  
【所属学会】
  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消火器内視鏡学会
  • 産業医科大学 第3内科
【専門資格】
  • 日本内科学会認定医
  • 産業医科大学産業医ディプロマ
【専門分野】
  • 消化器内科

 

<医師>入江 大樹

医師よりみなさまへ

 2016年4月よりこちらでお世話になります入江と申します。初めて訪れたこのいわきの地で地域の皆様を少しでも支えられますよう努めさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

【略歴】
  • 福島県立医科大学
  • 塙厚生総合病院
  • 太田西ノ内病院を経て現職
  •  
【所属学会】
  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
【専門資格】
  • 日本内科学会認定医
【専門分野】
  • 消化器一般

 

<医師>松岡 直紀

医師よりみなさまへ

2016年10月より赴任いたしました松岡直紀と申します。
地元であるいわきの医療に携われますことを喜ばしく思います。
宜しくお願いいたします。

【略歴】
  • 太田西ノ内病院
  • 福島県立医科大学附属病院
  • 公立相馬総合病院を経て現職
【所属学会】
  • 日本内科学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本リウマチ病学会
【専門資格】
  • 日本内科学会認定医
【専門分野】
  • 消化器

 

実績

2015年2014年2013年2012年2011年2010年2009年2008年2007年

2015年

悪性新生物
食道癌 81
胃癌 305
大腸癌 219
肝癌 186
胆管細胞癌 13
転移性肝癌 4
胆管癌、胆嚢癌 75
膵癌 118
乳頭部癌 1
十二指腸癌、小腸癌 4
悪性リンパ腫 8
消化管GIST 5
膵IPMN 2
膵・消化管NET 6
消化管粘膜化腫瘍 8
原発不明癌 4
悪性黒色腫 1
その他 15
1055

 

肝臓
急性肝炎(A,B,C,E,薬剤性含む) 26
B型+C型肝炎・肝硬変 27
肝不全 33
アルコール性肝障害・肝硬変 16
自己免疫性肝炎 7
原発性胆汁性肝硬変 4
脂肪肝(NASH含む) 13
肝嚢胞 4
肝膿瘍 4
その他 4
138

 

胆道
胆嚢結石・総胆管結石 112
閉塞性黄疸・胆管炎・胆嚢炎 99
胆嚢ポリープ 4
IgG4関連胆管炎 3
その他 11
229

 

急性膵炎・慢性膵炎 27
重症急性膵炎 4
自己免疫性膵炎 2
その他 2
35

 

上部消化管
(出血性)食道潰瘍・GERD 5
(出血性)胃・十二指腸潰瘍 73
食道・胃静脈瘤(破裂を含む) 19
胃ポリープ・十二指腸ポリープ 18
胃腺腫・十二指腸腺腫 25
マロリーワイス 2
その他 17
159

 

下部消化管
大腸ポリープ・腺腫 430
潰瘍性大腸炎 12
クローン病 10
消化管出血(小腸出血、憩室出血含む) 58
腸閉塞 44
結腸憩室炎 18
虚血性大腸炎 30
急性腸炎・感染性腸炎 39
急性腹症 7
その他 19
667

 

その他の疾患
消化管その他 26
アレルギー・膠原病 12
糖尿病・代謝疾患 5
呼吸器 18
循環器 6
腎・泌尿器 16
脳・神経・精神疾患 19
血液 9
整形疾患 7
感染症 13
その他 27
158

 

<検 査>
内視鏡検査 件数 レントゲン 件数
内視鏡検査(総数) 7427 消化管 X線透視(総数) 448
上部内視鏡(経鼻) 3625 (132) 食道・胃十二指腸透視 169
下部内視鏡 1975 大腸透視 23
小腸内視鏡 9 小腸透視 11
超音波内視鏡(EUS) 173 CTコロノグラフィー 245
カプセル内視鏡 7 エコー 件数
逆行性膵胆管造影(造影のみ) 73 腹部超音波 2953
超音波内視鏡下穿刺生検(EUS-FNA) 48 ソナゾイド造影 27
    RVS 38
<治 療>
内視鏡治療 件数 エコーガイド下処置治療 件数
食道:EEMR 13 RFA(ラジオ波凝固) 30
胃:ESD/EMR/ポリペク 89 / 8 / 16 肝生検 42
APC(癌治療) 12 肝吸引腫瘍生検 64
大腸:EMR・ポリペクトミー 522 肝囊胞穿刺・脾囊胞穿刺 1
食道・胃静脈瘤治療
(CA・EO・AS・EVL)
58 透視下治療 件数
内視鏡的乳頭切開術 70 PTCD 72
経乳頭的胆・膵管プラスティックステント 115 PTGBD 23
経乳頭的胆管金属ステント 35 経肝胆道金属ステント 11
内視鏡的経鼻胆管ドレナージ(ENBD) 5 カテーテル処置 件数
消化管拡張術
(バルーン拡張)
35 肝動注・塞栓療法 79
消化管ステント
(食道、胃十二指腸、大腸)
64 門脈塞栓術(PTPE) 3
イレウスチューブ 35 BRT-O 2
    動注ポート造設 0
    CVポート造設 68

 

2014年

入院患者様内訳
入院患者総数 2219人
悪性新生物 917例
肝臓 126例
胆道 228例
膵・脾 50例
上部消化管 139例
下部消化管 598例
その他の疾患 161例
<検 査>
内視鏡検査 件数 レントゲン 件数
内視鏡検査(総数) 6688 消化管 X線透視(総数) 589
上部内視鏡(経鼻) 3281 (111) 食道・胃透視 331
下部内視鏡 1568 大腸透視 33
小腸内視鏡 9 小腸透視 10
超音波内視鏡(EUS) 121 CTコロノグラフィー 215
カプセル内視鏡 3 エコー 件数
逆行性膵胆管造影(ERCP) 73 腹部超音波 2806
超音波内視鏡下穿刺生検 37 ソナゾイド造影 25
    RVS 31
<治 療>
内視鏡治療 件数 エコーガイド下処置治療 件数
食道:EEMR 8 RFA(ラジオ波凝固) 30
胃:ESD/EMR/ポリペク 72 / 2 / 14 肝生検 28
APC(癌治療) 9 肝吸引腫瘍生検 52
大腸:EMR・ポリペクトミー 472 肝囊胞穿刺・脾囊胞穿刺 1
食道・胃静脈瘤治療
(CA・EO・AS・EVL)
51 透視下治療 件数
内視鏡的乳頭切開術 117 PTCD 33
経乳頭的胆・膵管プラスティックステント 80 PTGBD 41
経乳頭的胆管金属ステント 32 経肝胆道金属ステント 6
内視鏡的経鼻胆管ドレナージ(ENBD) 4 カテーテル処置 件数
消化管拡張術
(バルーン拡張)
9 肝動注・塞栓療法 107
消化管ステント
(食道、胃十二指腸、大腸)
41 門脈塞栓術(PTPE) 4
イレウスチューブ 43 BRT-O 4
    動注ポート造設 0
    CVポート造設 61

 

2013年

入院患者様内訳
入院患者総数 2294人
悪性新生物 940例
肝臓 169例
胆道 227例
膵・脾 40例
上部消化管 166例
下部消化管 614例
その他の疾患 138例
<検 査>
内視鏡検査 件数 レントゲン 件数
内視鏡検査(総数) 6894 消化管 X線透視(総数) 251
上部内視鏡(経鼻) 3446 (103) 食道・胃透視 175
下部内視鏡 1923 大腸透視 70
小腸内視鏡 10 小腸透視 6
超音波内視鏡(EUS) 138 CTコロノグラフィー 181
カプセル内視鏡 2 エコー 件数
逆行性膵胆管造影(ERCP) 81 腹部超音波 2891
超音波内視鏡下穿刺生検 30 ソナゾイド造影 39
    RVS 51
<治 療>
内視鏡治療 件数 エコーガイド下処置治療 件数
食道:EEMR 7 RFA(ラジオ波凝固) 39
胃:ESD/EMR/ポリペク 80 / 8 / 19 肝生検 27
APC(癌治療) 8 肝吸引腫瘍生検 53
大腸:EMR・ポリペクトミー 418 肝囊胞穿刺・脾囊胞穿刺 9
食道・胃静脈瘤治療
(CA・EO・AS・EVL)
69 透視下治療 件数
内視鏡的乳頭切開術 86 PTCD 35
経乳頭的胆・膵管プラスティックステント 71 PTGBD 34
経乳頭的胆管金属ステント 57 経肝胆道金属ステント 12
内視鏡的経鼻胆管ドレナージ(ENBD) 5 カテーテル処置 件数
消化管拡張術
(バルーン拡張)
25 肝動注・塞栓療法 91
消化管ステント
(食道、胃十二指腸、大腸)
41 門脈塞栓術(PTPE) 2
イレウスチューブ 45 BRT-O 4
    動注ポート造設 3
    CVポート造設 69

 

2012年

入院患者様内訳
入院患者総数 2224人
悪性新生物 840例
肝臓 185例
胆道 243例
膵・脾 43例
上部消化管 178例
下部消化管 607例
その他の疾患 128例
<検 査>
内視鏡検査 6,358件 消化管x線透視 264件
上部内視鏡(経鼻) 3,280(72) 食道・胃透視 154
下部内視鏡 1,739 大腸透視 106
小腸内視鏡 6 小腸透視 4
超音波内視鏡(EUS) 125 エコー  
カプセル内視鏡 6 腹部超音波 2,803
逆行性膵胆管造影(ERCP) 92 ソナゾイド造影 40
超音波内視鏡下穿刺生検 22 RVS 70
<治 療>
内視鏡治療 件数 エコーガイド下処置治療 件数
食道:EEMR 13 RFA(ラジオ波凝固) 48
胃:ESD/EMR/ポリペク 64/6/29 肝生検 31
APC(癌治療) 6 肝吸引腫瘍生検 47
大腸:EMR・ポリペクトミー 410 肝囊胞穿刺・脾囊胞穿刺 2
食道・胃静脈瘤治療
(CA・EO・AS・EVL)
69 透視下治療 件数
内視鏡的乳頭切開術 75 PTCD 53
胆・膵管プラスティクステント 73 PTGBD 42
胆管金属ステント 34 経皮胆管金属ステント 17
内視鏡的経鼻胆管ドレナージ(ENBD) 2 肝動注・塞栓療法 86
消化管拡張術
(バルーン拡張)
27 門脈塞栓術 3
胃瘻 11 BRT-O 5
消化管ステント
(食道、胃十二指腸、大腸)
24 CVポート造設 59
イレウスチューブ 21    

 

2011年

入院患者様内訳
入院患者総数 2066人
悪性新生物 925例
肝臓 141例
胆道 188例
膵・脾 35例
上部消化管 149例
下部消化管 552例
その他の疾患 76例
<検 査>
内視鏡検査 6,156件 消化管x線透視 350件
上部内視鏡(経鼻) 3,251(78) 食道・胃透視 177
(31・146)
下部内視鏡 1637 大腸透視 165
小腸内視鏡 10 小腸透視 8
超音波内視鏡(EUS) 196 エコー  
カプセル内視鏡 2 腹部血管撮影 2876件
逆行性膵胆管造影(ERCP) 138 (造影/RVS) (44/41)
超音波内視鏡下穿刺生検 27    
<治 療>
内視鏡検査 件数 エコー下処置・治療 件数
食道:EEMR 6 PEIT 0
(食道癌) (5) RFA(ラジオ波凝固) 43
胃:ESD/EMR/ポリペク 114 肝生検 24
(胃癌) (67) 肝アスピレーション 69
(腺腫) (15) 透視下治療 件数
大腸:EMR・ポリペク 357 経肝ステント 10
(大腸癌) 25 PTCD 59
    PTGBD 35
食道・胃静脈瘤治療(胃) 47(3) 血管造影下治療 件数
EST(内視鏡的乳頭切開術) 125 肝動注・塞栓療法 76
APC(癌治療) 3 膵動注療法 0
胆・膵管ステント(金属) 132(35) 門脈塞栓術(PTPE) 4
ENBD 7 BRT-O 0
消化管拡張術 51 動注ポート造設 5
PEG 54 コイル塞栓術 0
消化管ステント 40 CVポート造設 29

 

2010年

入院患者様内訳
入院患者総数 2184人
悪性新生物 877例
肝臓 164例
胆道 160例
膵・脾 44例
上部消化管 195例
下部消化管 12例
その他の疾患 116例
入院総数 2184人
  (判明:2,152名分)
<検 査>
内視鏡検査 6288件 消化管x線透視 807件
上部内視鏡(経鼻) 3674(23) 食道・胃透視 542
下部内視鏡 2178 大腸透視 245
小腸内視鏡 11 小腸透視 20
超音波内視鏡 232    
カプセル内視鏡 4 腹部血管撮影 124件
逆行性膵胆管造影(ERCP) 175 腹部超音波 2933件
超音波内視鏡下穿刺生検 14 (造影/RVS) (47/12)件
<治 療>
内視鏡検査 件数 エコーガイド下治療 件数
食道:EEMR 10 PEIT 0
(食道癌) (5) RFA(ラジオ波凝固) 29
胃:ESD/EMR/ポリペク 113 肝生検 76
(胃癌) (49) 透視下治療 件数
(腺腫) (31) 経肝ステント 8
大腸:EMR・ポリペク 430 PTCD 44
(大腸癌) (49) PTGBD 13
       
食道・胃静脈瘤治療(胃) 37(1) 血管造影下治療 件数
EST(内視鏡的乳頭切開術) 85 肝動注・塞栓療法 110
APC(癌治療) 12 膵動注療法 0
胆・膵管ステント(金属) 45(5) 門脈塞栓術 3
ENBD 3 BRT-O 0
消化管拡張術 56 動注ポート造設 2
PEG 25 コイル塞栓術 3
消化管ステント 19 IVHポート造設 35

 

2009年

入院患者様内訳
入院患者総数 2313人
悪性新生物 896例
肝臓 129例
胆道 161例
膵・脾 41例
上部消化管 237例
下部消化管 563例
その他の疾患 105例
入院総数 2313人
  (判明:2,199名分)

 

<検 査>
内視鏡検査 7883件 消化管x線透視 904件
上部内視鏡(経鼻) 4112 食道・胃透視 524
下部内視鏡 2351 大腸透視 344
小腸内視鏡 15 小腸透視 36
超音波内視鏡 258    
カプセル内視鏡 4 腹部血管撮影 169件
逆行性膵胆管造影(ERCP) 283 腹部超音波 3457件
超音波内視鏡下穿刺生検 20 (造影/RVS) (70/17)件

 

<治 療>
内視鏡検査 件数 エコーガイド下治療 件数
食道:EEMR 12 PEIT 0
(食道癌) (8) RFA(ラジオ波凝固) 39
胃:ESD/EMR/ポリペク 140 肝生検(腫瘍生検) 77(60)
(胃癌) (59) 透視下治療 件数
(腺腫) (31) 経肝ステント 12
大腸:EMR・ポリペク 403 PTCD 24
(大腸癌) (61) PTGBD 22
十二指腸:EMR・ポリペク 0 膿瘍ドレナージ 7
食道・胃静脈瘤治療(胃) 64 血管造影下治療 件数
EST(内視鏡的乳頭切開術) 91 肝動注・塞栓療法 143
APC(癌治療) 24 膵動注療法 1
胆・膵管ステント(金属) 66 門脈塞栓術 3
ENBD 1 BRT-O 2
消化管拡張術 13 動注ポート造設 4
PEG 20 コイル塞栓術 5
消化管ステント 6 IVHポート造設 57

 

2008年

入院患者様内訳

■入院患者状況:入院患者総数 2,250人

疾患内訳(入院)
悪性新生物 900例
肝臓 141例
胆道 182例
60例
上部消化管 219例
下部消化管 520例
その他の疾患 121例
  (判明:2,143名分)

 

<検 査>
内視鏡検査 6,873件 消化管x線透視 837件
上部内視鏡(経鼻) 4,273(136) 食道・胃透視 490
下部内視鏡 2170 大腸透視 334
小腸内視鏡 21 小腸透視 13
超音波内視鏡 190    
逆行性膵胆管造影(ERCP) 208 腹部血管撮影 211件
超音波内視鏡下穿刺生検 11 腹部超音波 4,499(40)件

 

<治 療>
内視鏡検査 件数 エコーガイド下治療 件数
食道:EEMR 16 PEIT 0
(食道癌) (14) RFA(ラジオ波凝固) 37
胃:ESD/EMR/ポリペク 135 肝生検 59
(胃癌) (68) 透視下治療 件数
(腺腫) (40) 経肝ステント 15
大腸:EMR・ポリペク 373 PTCD 49
(大腸癌) (40) PTGBD 27
十二指腸:EMR・ポリペク 3 膿瘍ドレナージ 11
食道・胃静脈瘤治療(胃) 30(2) 血管造影下治療 件数
EST 46 肝動注・塞栓療法 150
APC(癌治療) 13 膵動注療法 2
胆・膵管ステント(金属) 64(13) 門脈塞栓術 2
ENBD 1 BRT-O 5
消化管拡張術 7 動注ポート造設 1
PEG 17 コイル塞栓術 1
消化管ステント 7 IVHポート造設 61

 

2007年

入院患者様内訳

■入院患者状況:入院患者総数 2,213人

疾患内訳(入院)
悪性新生物 1000例
肝臓 128例
胆道 123例
54例
上部消化管 223例
下部消化管 487例
その他の疾患 102例
  (判明:2,117名分)

 

<検 査>
内視鏡検査 7,600件 消化管x線透視 1,096件
上部内視鏡(経鼻) 4,720(108) 食道・胃透視 640
下部内視鏡 2446 大腸透視 434
小腸内視鏡 8 小腸透視 22
超音波内視鏡 210    
逆行性膵胆管造影(ERCP) 203 腹部血管撮影 210件
超音波内視鏡下穿刺生検 13 腹部超音波 4,396件

 

<治 療>
内視鏡検査 件数 血管造影下治療 件数
食道:EEMR 15 肝動注・塞栓療法 147
(食道癌) (12) 膵動注療法 2
胃:ESD/EMR/ポリペク 163 門脈塞栓術 4
(胃癌) (88) BRT-O 5
(腺腫) (28) 動注ポート造設 2
大腸:EMR・ポリペク 356 コイル塞栓術 0
(大腸癌) (50) IVHポート造設 60
十二指腸:EMR・ポリペク 3 特殊治療 件数
食道・胃静脈瘤治療(胃) 44(5) 放射線治療 8
EST 43 インターフェロン(+REV) 29
APC(癌治療) 10 ゼフィックス・バラクルード 1
胆・膵管ステント(金属) 60(21) レミケード 1
ENBD 3 顆粒球除去療法 2
膵嚢胞ドレナージ(径乳頭) 0 抗腫瘍療法 件数
PEG 16 Low dose FP療法 7
消化管ステント 15 TS‐1(CDDP併用も含む) 45
エコーガイド下治療 件数 ジェムザール 21
PEIT 16 FOLFOX4/FOLFIRI 49
RFA(ラジオ波凝固) 40 タキソール 8
肝生検 41 トポテシン 1
透視下治療 件数 グリベック 1
経肝ステント 21    
PTCD 55    
PTGBD 20    
膿瘍ドレナージ 5    

2010年2009年2008年2007年

職員募集、医師、看護師など私たちと一緒に働いてみませんか?

臨時休診のお知らせ

2月27日(月)
外科 又吉一仁先生
代診なし

3月2日(木)、9日(木)、14日(火)、15日(水)、16日(木)、23日(木)、28日(火)
内科 渡辺毅先生
代診なし

3月16日(木)
循環器科 三戸征仁先生
代診なし

3月17日(金)
消化器科 田井真弓先生
代診なし

3月24日(金)
リウマチ・膠原病内科
佐々島朋美先生
代診なし

3月27日(月)
消化器科 鈴木智浩先生
代診なし

3月28日(火)、30日(木)
消化器科 喜田栄作先生
代診 28日 小屋先生
    30日 田井先生

3月30日(木)
皮膚科 伊藤崇先生
代診なし
 

3月31日(金)
泌尿器科 沢田勇吾先生
代診なし

3月31日(金)
消化器科 入江大樹先生
代診 松岡先生

Go Page Top