いわき市の福島労災病院のサイトです。

MENU

リウマチ膠原病内科

概要

対象疾患

  • 関節リウマチ、膠原病、リウマチ性多発筋痛症、成人スチル病など。

 

特色、ご案内

関節リウマチは、生物学的製剤の登場により治る可能性のある疾患になりました。 生物学的製剤の種類も増え、病院での注射と自宅での自己注射が選択できます。 膠原病は、全身性エリテマトーデス、混合性結合組織病、強皮症、皮膚筋炎・多発性筋炎、 シェーグレン症候群、ANCA関連血管炎、ベーチェット病等があります。いずれも厚生労働省の特定疾患に指定されており、 ステロイド治療が主体となります。 リウマチ・膠原病は、内科疾患の中でも診断が難しく、確定診断までに時間がかかることも多い疾患です。専門医でないと診断がつかず、治療できないことがよくあります。しかし、全国的にリウマチ・膠原病の専門医は不足しています。福島県も同様で、とりわけいわき地区は少なく、これまでは福島市や郡山市等遠方の病院に通院していた患者様も多いと思います。今後は、地元で専門的治療を受けることができます。

 

他の医療機関との連携

福島医科大学リウマチ・膠原病内科、太田西ノ内病院リウマチ科と連携を取ります。重症の場合は福島医科大学に紹介、入院を依頼します。退院後は当院に通院できます。

医師紹介

<主任部長>佐々島 朋美

医師よりみなさまへ

平成28年10月に赴任しました。福島県立医科大学リウマチ膠原病内科学講座出身です。
岩手県立中央病院に10年間勤務していました。
いわき地区には、リウマチ、膠原病の専門医が少ないため、患者様にはこれまでご不便をおかけしたと思います。
これからは、地元での診療ができるようになります。
開業医の先生方にも患者様のご紹介よろしくお願いいたします。

【略歴】
  • 横浜南共済病院
  • 福島県立医科大学附属病院
  • 太田西ノ内病院
  • 福島県立医科大学附属病院
  • 福島労災病院
  • 福島県立医科大学附属病院
  • 太田西ノ内病院
  • 岩手県立中央病院を経て現職
【所属学会】
  • 日本内科学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本呼吸器学会
  • 日本結核病学会
  • 日本消化器病学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 福島医学会
【専門資格】
  • 日本内科学会認定医・専門医
  • 日本リウマチ学会専門医
【専門分野】
  • リウマチ、膠原病

実績

診療ガイドライン

  • 関節リウマチ診療ガイドライン(日本リウマチ学会,2014年)
  • 関節リウマチ治療におけるメトトレキサート(MTX)診療ガイドライン(日本リウマチ学会,2016年)
  • シェーグレン症候群診療ガイドライン(厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業,自己免疫疾患に関する調査研究班,2017年)
  • ANCA関連血管炎診療ガイドライン(厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業,2017年)
  • 多発性筋炎・皮膚筋炎治療ガイドライン(厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業,自己免疫疾患に関する調査研究班,2015年)
  • 生物学的製剤と呼吸器疾患 診療の手引き(日本呼吸器学会,2014年)
  • リウマチ診療のための関節エコー評価ガイドライン~滑膜病変アトラス(日本リウマチ学会,2014年)
  • リウマチ診療のための関節エコー撮像法ガイドライン(日本リウマチ学会,2011年)
  • 関節リウマチ(RA)に対するTNF阻害薬使用ガイドライン(日本リウマチ学会,2017年)
  • 関節リウマチ(RA)に対するトシリズマブ使用ガイドライン(日本リウマチ学会,2017年)
  • 関節リウマチ(RA)に対するアバタセプト使用ガイドライン(日本リウマチ学会,2017年)
  • 全例市販後調査のためのトファシチニブ使用ガイドライン(日本リウマチ学会,2014年)
職員募集、医師、看護師など私たちと一緒に働いてみませんか?

臨時休診のお知らせ

11月20日(月)
消化器科 松橋暢生先生
代診 江尻先生

11月30日(木)
内科 渡辺毅先生
代診なし

11月30日(木)
耳鼻咽喉科 鈴木康士先生
代診 大石先生

12月1日(金)
耳鼻咽喉科 鈴木康士先生
代診なし

Go Page Top