いわき市の福島労災病院のサイトです。

MENU

中央リハビリテーション部

概要

概要

理学療法とは、病気・ケガなどによって身体が不自由となった人々に対し、身体と心の両面 から機能回復・維持を行う医療の一つです。

治療内容としては、運動療法(筋力・関節可動域・バランス能力・痛みの改善のために行い、起居・起立・歩行などの運動スキルを高める)・物理療法(温熱・水治・電気療法などにより痛みや循環の改善をはかる)・日常生活動作訓練などがあります。

心身に何らかの不都合が生じると、普段、何気なく行っている動作が困難になります。<作業療法>とは、その人らしい生活、主体的な生活を得るために、いろいろな機能の回復・維持・開発を促す作業活動を用いて、治療・練習・指導・援助を行なうリハビリテーションの1つです。作業活動とは「日常生活動作」「仕事」「家事」「遊び」など実際に生活で行なっている活動のことです。

業務紹介

<理学療法>

当院の運動療法室は450平米あり、特徴としては物理療法と一体型・フローリング・一部床暖房・柱無・一部吹き抜けとなっております。

従来の理学療法に必要な機器以外に、エアロバイク・サイベックスマシーン・バイオデックス・エアロボート・ユービーなどがあります。一見するとフィットネスクラブかと見間違うほどで、体力を重要視し「入院前の体力以上に!」をモットーに理学療法を行っています。

理学療法を受けている患者さんは、整形外科疾患や中枢性疾患はもちろんのこと、がんの術前術後・糖尿病・肥満・呼吸器&循環器疾患など数多くの疾患を対象としております。

私たちも身体の体力増強のみならず、ストレスを上手に発散できるように理学療法室を活用し、自分の健康管理を実行しています。

<作業療法>

「作業療法室」(和室・サンディング等)
当院の作業療法室は330平米あります。この中に和室・ベッド・ポータブルトイレ・シャワー椅子・サンディング・アームエルゴ・パソコンなど設置しています。それらを使って生活能力の向上・日常生活動作の獲得を目指し練習しています。

「自助具」(リーチャー・ソックスエイドなど)
何らかの不自由が生じた時、何かがし難くなることがあります。その機能(不自由さ)を補う道具(自助具)を作成します。

「退院に向けて」(住宅改修)
皆さんいつかは退院します。退院に向けて退院前訪問を実施し、退院後の暮らしやすい生活環境の提案や、ご家族への介助方法の指導や助言を行います。
指導の内容は玄関の段差をどのようにすれば良いか?手すりの有無、必要とされる福祉用具の説明などです。

「リハビリ広場」(作品紹介)
入院中、退院後の患者さんの作品です。病気をしたから、車椅子だからといってなにもできないわけではありません。家の中に閉じこもることがないように、好きなこと、趣味の開発および拡大を図っています。

医師紹介

医師/岩井 和夫

医師よりみなさまへ

このセンターは「運動器はヒトが行動し、生活し、幸福を求める権利である」という観点から、疾患、治療に限定せず、予防、教育、提言などを考える場として作られたものです。
従来の組織にこだわらず、難しい症例の相談や、骨粗鬆症や転倒などの教室、メディアへのわかりやすい解説、施設、職場への講師派遣を行う予定です。

【略歴】
  • 東北大学医学部卒
  • 東北大学医学部病理学教室
  • 東北大学医学部整形外科助手を経て現職
【所属学会】
  • 日本整形外科学会
  • 日本骨粗鬆症学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本臨床スポーツ医学会
  • 日本職業・災害医学会
  • 日本心臓リハビリテーション学会
  • 日本呼吸器ケアリハビリテーション学会
  • 日本腎臓リハビリテーション学会
【専門資格】
  • 日本整形外科学会(リウマチ医、専門医、スポーツ医、運動器リハビリテーション医)
  • 日本リウマチ学会(専門医)
  • 日本医師会認定産業医
  • 労働衛生コンサルタント
  • 日本医師会認定健康スポーツ医
  • 日本体育協会公認スポーツドクター
  • 死体解剖資格
  • 日本職業・災害医学会(労災補償指導医、海外勤務健康管理指導者)
  • ロコモチャレンジアドバイスドクター
  • 緩和ケア研修会修了
【専門分野】
  •  骨軟部腫瘍、労働災害、義肢装具、スポーツ医学、リハビリテーション

 

職員募集、医師、看護師など私たちと一緒に働いてみませんか?

臨時休診のお知らせ

11月20日(月)
消化器科 松橋暢生先生
代診 江尻先生

11月30日(木)
内科 渡辺毅先生
代診なし

11月30日(木)
耳鼻咽喉科 鈴木康士先生
代診 大石先生

12月1日(金)
耳鼻咽喉科 鈴木康士先生
代診なし

Go Page Top