いわき市の福島労災病院のサイトです。

MENU

薬剤部

薬剤部

概要

薬剤部 「患者さんが早く元気になりますように・・・」の願いを込めながら、18名のスタッフが日々業務を行なっています。薬は病気の治療に欠かすことができません。私たち薬剤師は、薬の専門家として、その薬に対し、品質の保証、正確な調剤、わかりやすい情報提供、副作用の防止等の面から関わり、患者さんの治療に参加していくことを基本姿勢とし、「薬物治療に責任をもてる薬剤師」を目指しています。

薬剤部長からのメッセージ
 薬剤部は、患者さんのニーズに対応するため、お薬の専門家として安心と安全な薬物治療を受けていただくことを目標に業務を遂行しております。入院される患者さんが持参したお薬の確認や入院中のお薬の効果、副作用、飲み合わせのチェック等を行い、同時にお薬の説明も実施しております。

 また、がん化学療法におけるレジメンの一元管理、無菌調製からのお薬の説明まで、緩和ケアチーム、NST(栄養サポートチーム)、褥瘡対策チーム、ICT(院内感染制御対策チーム)等のチーム医療の中で専門性を活かした支援をしております。

業務紹介

調剤
調剤薬剤師の基本の業務です。
電子カルテシステムや調剤支援システムを活用した処方せんチェックをし、疑問があれば必ず問い合わせて確認した後、その処方せんに従って調剤、監査を経て、患者さんに薬をお渡しします。
注射薬
注射薬注射薬は一般的に飲み薬より副作用が強いため、特に慎重に投与しなくてはなりません。薬剤部ではオーダリングシステムや調剤支援システムによる投与量、相互作用のチェックも行っており、患者さんが安全で適正に治療を受けられるよう、万全を期しています。注射剤も、患者さんごとに分けて病棟へ送り届けています。
製剤
製剤 治療上有効であっても市販されていない薬品など、医師の依頼に基づいて、病院独自の薬品を調製します。
薬品管理
薬品管理 薬品がいつも最適の状態で使用できるように、品質(温度、湿度、光、有効期限など)には十分注意をしながら管理しています。また、正しく使用されているか、在庫管理システムによる各薬品の在庫も管理します。
化学療法
化学療法 がん化学療法をうけている患者さんのための注射薬を、投与量、配合変化や相互作用などのチェックをし、無菌的に混合、調製します。
医薬品情報
医薬品情報 薬の情報と一口でいっても、投与方法、投与量、相互作用、副作用などひとつの薬の中にも山ほどの情報があります。それらの情報を整理、加工して医師や看護師に提供したり、薬に関する問い合わせに答えたりします。
薬剤管理指導業務
薬剤管理指導業務 入院している患者さんに、お薬の飲み方や薬効などの説明、アレルギーや副作用発現の回避、またはそれらを早期に発見し悪化を防ぐなど、安全で効果的な薬物治療に貢献しています。
持参薬管理
入院される患者さんに、普段のんでいるお薬を持参していただき、治療にそったお薬をのめるように調べて管理します。

チーム医療への参画

各部門の専門家が協力し合い、職能を活かすことによって、医療の質の向上を目指しています。

感染制御対策チーム(ICT)
医師、看護師、臨床検査技師などと共に、院内感染防御や消毒薬、抗生剤の使用状況の把握などを行っています。
緩和ケアチーム

緩和ケアチーム薬剤師の他に、医師、がん性疼痛認定看護師、MSW、臨床心理士、理学療法士、管理栄養士で構成され、週1回病棟からのコンサルテーション依頼に応じラウンドを行なっています。 薬剤師は医薬品情報提供や服薬指導を行い、薬物治療のサポートをしています。専門的な知識を活かし、医療スタッフがチームを組むことで、より良いがん緩和治療を目指しています。

栄養サポートチーム(NST)

栄養サポートチーム薬剤師1名がチームのメンバーとして活動しています。
週1回の回診・カンファレンスに参加、病棟の担当薬剤師と情報の共有化し、輸液や経管栄養剤の処方や投与法についての検討・提案を行なっています。
チーム内で勉強会を開催し、知識の普及・啓発に努めています。
NST専門療法士実地修練の講義を担当しています。

褥瘡対策委員会

褥瘡対策委員会医師、看護師、薬剤師、栄養士、理学療法士を中心に、月一回の委員会と月二回の回診を行い、褥瘡ケアや予防に努めています。薬剤師は薬剤の選択などについて情報提供をしております。又、NSTや他職種と積極的に連携を図り、患者さんの褥瘡ケアと予防に貢献する取り組みを行っています。

実務実習

実務実習早期体験学習や、独自の実習書を用いることにより、 薬学部6年制実務実習モデルコアカリキュラムに対応した実習を行なっています。

治験管理室

治験とは?

治験とは、患者様にご協力いただき、開発中の薬の効果や安全性を調査し、厚生労働省から医薬品としての承認を得るために行う臨床試験のことです。
治験を実施するための規則を守りながら、安全性に十分注意しながら行われます。
また、参加される方の人権を最優先し、プライバシーを守っています。

 

治験審査委員会

 

依頼者の方へ

職員募集、医師、看護師など私たちと一緒に働いてみませんか?

臨時休診のお知らせ

11月20日(月)
消化器科 松橋暢生先生
代診 江尻先生

11月30日(木)
内科 渡辺毅先生
代診なし

11月30日(木)
耳鼻咽喉科 鈴木康士先生
代診 大石先生

12月1日(金)
耳鼻咽喉科 鈴木康士先生
代診なし

Go Page Top