いわき市の福島労災病院のサイトです。

MENU

医療機器紹介

アンギオ装置

この装置は、従来の血管撮影装置よりも少ないX線で鮮明な撮影が行え、心臓・大血管・腹部はもちろん下肢血管まで全身の撮影・診断が可能となり、短時間で高精度の検査・治療が行えます。

アンギオ装置

 

マルチスライスCT装置 : Aquilion64

 瞬時に細かく64断面が同時に撮影でき、撮影時間の大幅な短縮が可能となった最高水準の技術を搭載しています。
 頭部、胸部、腹部等全身の断層像(輪切り)や画像処理をすることによって立体像(3D)の鮮明な画像を得ることができます。

マルチスライスCT装置_Aquilion64

 

MRI撮影装置 : MAGNETOM Avant SQ(1.5テスラ)

 全身の腫瘤病変の精密検査、組織変性、鑑別診断で使用され、特に脳及び脊髄等の神経系の精密検査に有用です。

MRI撮影装置 MAGNETOM Avant SQ(1.5テスラ)

 

ガンマカメラ装置 : PRISM-2000

 短時間でホールボディースキャン機能による癌転移検索やスペクト機能による循環器系疾患の三次元画像解析に有用です。

ガンマカメラ装置 PRISM-2000

 

リニアック治療装置 : Clinac-iX

 画像誘導放射線治療など最新技術の導入により、悪性腫瘍病巣をより正確に狙う高精度の放射線治療が可能となり、治療効果が高い、かつ副作用の少ない治療法が可能となっています。

リニアック治療装置 Clinac-iX

 

フルデジタルX線TVシステム : CUREVISTA

 消化器官検査、内視鏡装置・超音波装置などとの併用による検査、泌尿器科・整形外科系検査を含む多目的な検査に1台で柔軟に対応できる。大視野FPDを搭載、IVR支援機能が充実しています。

フルデジタルX線TVシステム CUREVISTA

 

フルデジタルX線TVシステム : Ultiomax80

 通常のX線テレビ装置を革新的に進歩させ、デジタル撮影を可能にしたことで、これまでより大幅に少ないX線量で胃・腸などの消化器の様子を的確に写し出し、わずかな病変も精密に観察することができます。

フルデジタルX線TVシステム Ultiomax80

 

骨密度 : Discovery

 信頼度の高いデクサ方式を使用し、測定部位も診断の基準となる部位である腰椎、大腿骨の骨密度測定が正確に行えます。

骨密度 Discovery

 

体外衝撃波結石破砕装置:Sonolith i-move

 体外で発生させた衝撃波を集束させて、これを腎や尿管の結石につたえ結石を砂状に破砕します。そして砂状になった結石は、尿の流れとともに自然に排出されます。結石で悩む人にとって、開腹手術をせずに体内の結石を砂状に細かく砕くまさに理想的な治療法です。

骨密度 Discovery

Go Page Top