いわき市の福島労災病院のサイトです。

MENU

医療安全管理室

 

医療安全管理室

医療安全管理室の紹介

  •  医療安全管理室は、各部署や部門の医療安全に関する活動状況を確認し、患者様・ご家族が安全で安心して医療を受けられるように組織横断的に医療安全を推進する部門です。
医療安全指針

  •  良質で安全な医療を提供することは、全ての医療従事者の責務であり、病院職員の一人ひとりが医療安全の重要性と必要性を認識し、日々の医療に従事しなければならない。病院は、医療の安全管理と医療事故防止の徹底を図るため、個人の責任追及ではなく医療安全管理システムの問題として捉え、組織的・継続的な体制を構築し、組織横断的に取り組むことを基本姿勢としています。
医療安全管理体制

  • 1.当院では、専従の看護師を医療安全管理者として配置しています。
  • 2.各部門・部署の責任者からなる医療安全委員会を設置しており、安全管理のための
     病院の方針を決定し、その具体的な対応について協議しています。
  • 3.医療安全責任者を各部署に一人ずつ配置しています。院内で発生した医療事故・
     インシデントなどが報告された後、改善策を検討し職員に周知しています。
  • 4.医療安全指針やマニュアルを各部署に配置し、内容を共有しています。

 

医療安全管理体制図

 

 

主な活動内容

  • 1. 全職員から報告されるインシデントや事故報告書の収集、分析、検証、対策立案、広報など
  • 2. 毎週定例の医療安全カンファレンス
  • 3. 毎月定例の医療安全委員会、リンクスタッフ会の開催
  • 4. 医療安全に関するマネージメント
  • 5. 医療事故発生の調査と指導
  • 6. 院内安全ラウンド
  • 7. 医療安全に関する患者相談対応
  • 8. 医療安全に係る全職員研修、新採用者・中途採用者の研修、技術向上研修など
職員の取り組み

  • 1. 全職員を対象とした医療安全に関する研修を年2回以上実施する。
  • 2. 医師法、医療法、個人情報保護法などの法令の遵守を心掛ける。
  • 3. 防災、防犯、事故、院内暴力など院内安全への意識を高める。

安全な入院生活を送っていただくために

  • 1. 患者さんの誤認防止のために
      入院時に患者さんの氏名を記載したリストバンドを装着していただきます。リストバンドの氏名・生年月日を読んで間違いがないかご確認ください。点滴・注射、採血、配薬、手術、検査、処置などの行為を実施する場合には、患者さんご本人にお名前を名乗っていただき、携帯端末を使用して患者さんのリストバンドと照合して確認いたします。
  • 2. 個人情報について
      患者さんの間違いを防止するために、お名前で呼び出すこと、また病室への名札表示を行うことが望ましいと考えています。患者さんおよびご家族のご理解とご協力をお願いします。なお、プライバシー保護の観点から、お名前の呼び出し、病室への名札表示、面会者へのご案内を望まれない場合につきましては、当院スタッフにお申し出ください。緊急時のやむをえない場合以外は、患者さんへの電話の取次ぎはお断りいたしております。また、患者さんの病名、病状等に関する電話でのお問い合わせには応じかねますのでご了承ください。
  • 3. 危険物の持ち込みについて
      安全上、はさみ・ライター・果物ナイフなどの危険物の持ち込みはご遠慮ください。はさみ等をご使用される場合は、病棟に用意いたしておりますので、看護スタッフにお申し出ください。当院では、受動喫煙防止および防災管理上の観点から、敷地内全面禁煙としております。たばこの持ち込みもご遠慮ください。電気加熱式たばこ、電子たばこも使用・持ち込み禁止です。あらかじめご了承ください。
  • 4. 処置・注射・検査・手術などの説明について
      処置・注射・検査・手術などを行う場合は、必ず説明を行っております。説明は不十分な場合や、わからない場合は、遠慮なく医師・看護師にお聞きください。
  • 5.採血・注射・点滴に伴う合併症について
      「採血」は病気の診断、病状の把握を行うため、「静脈注射」「点滴」は治療のために必要な医療行為です。基本的に安全性の高い手技ですが、まれに「皮下血腫」や「血管外漏出」などの合併症(偶発症)が起こることがあります。その場合は必要な処置を行います。気になる症状がありましたらすぐにお知らせください。
  • 6. 転倒・転落の予防について
      入院中は環境の変化に伴い、筋力・体力の低下から予想以上に転びやすい状況になります。安全な入院生活を送っていただくために患者さんご家族も含めて、転倒・転落の予防についてご協力をお願いいたします。
      ◎入院中の履物はスリッパではなく履きなれた靴タイプのものをご用意ください。
      ◎入院中のお荷物は最小限にし、ベッド周りの整理整頓にご協力ください。
      ◎転倒・転落の危険が高い場合は、面会時間など個別にご協力をお願いする場合があります。
      ◎転倒防止策は十分に行いますが、それでも完全には予防できないことをご了承ください。
  • 7.患者相談窓口について
      患者さんやご家族のご相談窓口を相談支援センターまたは入退院支援センターで受け付けております。医療・福祉・介護・入院・転院・医療安全に関することなど、お気軽にご相談ください。
      相談対応者:ソーシャルワーカー、医療安全管理者、看護師
      対応時間:月~金曜日 午前8時15分~午後5時
  • 8.院内暴力や迷惑行為等について
      医療は患者さんと医療従事者との相互信頼関係のもとに成り立っています。職員に対して暴言・暴力・威嚇、その他の迷惑行為などをされた場合、適切な診療行為ができなくなります。職員から注意・勧告などを行っても改善されない場合や緊急を要すると判断した場合、診療をお断りすることや「強制退院」「病院への出入り禁止」の通告を行うこと、「所轄警察への届け出・通達」等を行うことがあります。病院、職員との信頼関係の維持および職員の安全確保のためご理解ください。
  • 9.防犯・防災について
      盗難・紛失防止のため、貴重品は持ち込まないようにしてください。各部屋に避難経路を掲示してあります。避難時は、職員の指示に従い慌てずに避難してください。 なお、非常の際には、エレベーターは絶対に使用しないでください。
職員募集、医師、看護師など私たちと一緒に働いてみませんか?

臨時休診のお知らせ

10月3日(月)
整形外科 髙瀬勝己先生
代診なし
循環器科 吉成和之先生
代診なし

10月4日(火)
循環器科 吉成和之先生
代診なし
消化器科 根本玲奈先生
代診なし

10月6日(木)
整形外科 前川麻人先生
代診 :鈴木裕先生
整形外科 山城亘平先生
代診 :鈴木裕先生

10月6日(木)から10月7日(金)
眼科 鈴木説子先生
代診なし

10月7日(金)
整形外科 髙瀬勝己先生
代診なし
循環器科 吉成和之先生
代診なし
整形外科 山城亘平先生
代診 :鈴木裕先生

10月11日(火)
腎臓内科 草野裕樹先生
代診なし

10月17日(月)
整形外科 前川麻人先生
代診なし

10月20日(木)
整形外科 前川麻人先生
代診なし

10月21日(金)
整形外科 髙瀬勝己先生
代診なし
消化器科 上田剛先生
代診なし

10月24日(月)
整形外科 前川麻人先生
代診なし
消化器科 内原大樹先生
代診なし

10月27日(木)
整形外科 前川麻人先生
代診なし
消化器科 内原大樹先生
代診なし

10月31日(月)
消化器科 江尻豊先生
代診 :田井真弓先生

11月18日(金)
消化器科 横川裕子先生
代診なし

Go Page Top