いわき市の福島労災病院のサイトです。

MENU

泌尿器科

概要

対象疾患

  • 排尿障害
  • 前立腺肥大症
  • 泌尿器癌(前立腺癌、腎癌、膀胱癌、精巣腫瘍など)
  • 尿管結石
  • 尿路感染症
  • 慢性腎不全 など

特色

過活動膀胱や前立腺肥大症などによる排尿障害や尿管結石症など良性の疾患から、泌尿器癌に対する手術療法、抗癌剤治療、疼痛コントロールなど幅広い分野で診療を行っております。

泌尿器科のご案内

当院泌尿器科は常勤医の退職に伴い、平成22年度より非常勤医師による外来診療を中心に行ってまいりましたが、本年度より入院診療や手術加療といった、これまでの診療形態から一歩拡大した形での医療をご提供できる環境となりました。
泌尿器科での診療分野としては、テレビのCMでも話題となっている過活動膀胱、前立腺肥大など、高齢化に伴って増加する疾患の加療や、腎癌、膀胱癌、前立腺癌をはじめとする悪性腫瘍、腎結石、尿路結石、尿路感染症など幅広い分野での診療を展開しております。
排尿に関する心配事は体質や加齢が原因と、ご自身で諦めてしまっていて、なかなか泌尿器科受診に踏み切ることができない方が数多くいらっしゃいます。症状の改善につながるお手伝いができることも少なくありませんので、お気軽にご相談いただければと存じます。
また、今後は慢性腎不全に対する維持透析療法の再開も視野に入れて診療の拡大を行っております。当院近隣にご在住の患者様や他疾患にて当院を通院されている患者様に対してより利便性の高い医療が展開できればと考えている次第です。
東日本大震災、福島第一原発の事故からの復興過程にあるいわきの医療に従事できることは大変光栄に思います。地元の皆様方のお力になれるように精一杯尽力させて頂きますのでどうぞよろしくお願い致します。

医師紹介

部長/沢田 勇吾

医師よりみなさまへ

 平成27年より福島労災病院に赴任致しました。いわき市をはじめ近隣地域の泌尿器医療に貢献したいと考えております。赴任前は都内の病院を中心に研鑽を積んでおりました。頻尿や尿漏れ等の排尿障害、尿路結石治療や泌尿器癌(腎癌、膀胱癌、前立腺癌)の手術治療といった泌尿器疾患全般に対応いたします。また、今年(平成27年)から外来維持透析患者様の受け入れにも対応しております。平日は毎日泌尿器科医が対応可能ですので、お気軽にご相談下さい

【略歴】
  • 湘南鎌倉総合病院(初期研修)

  • 東京女子医大 泌尿器科入局

  • 東京女子医大 東医療センター

  • 川島病院

  • 豊見城中央病院(外科)

  • 東京女子医大 大学院医学研究科を経て現職

     

【所属学会】
  • 日本泌尿器科学会

  • 日本泌尿器内視鏡学会

  • 日本移植学会

  • 日本透析医学会

【専門資格】
  • 日本泌尿器科学会専門医

  • 日本移植学会認定医

  • 日本透析医学会専門医

  • 臨床研修指導医

 

【専門分野】
  • 泌尿器科一般

 

実績

2015年2014年

2015年

[手術内訳]

良性疾患手術
経尿道的前立腺切除術(TUR-P) 2
経尿道的尿路結石除去術(TUL) 21
経尿道的凝固術(TUC) 3
陰嚢水腫根治術 1
内シャント造設術 13
経皮経管的血管形成術(バルーンPTA) 3
体外衝撃波腎尿管結石破砕術(ESWL) 31
悪性疾患手術
経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-BT) 10
高位精巣摘除術 1
開腹腎摘除術 1
開放腎尿管摘除術 1
膀胱全摘除術(+尿管皮膚瘻) 1
腹腔鏡下腎摘除術 2
腹腔鏡下副腎摘除術 1

 

2014年

[手術内訳]

経尿道的膀胱腫瘍切除術 7
経尿道的前立腺切除術 1
経尿道的膀胱結石破砕術 3
陰嚢水腫根治術 2
腎瘻拡張術 1
尿管鏡生検 1
前立腺生検 14
体外衝撃波結石破砕術 10
職員募集、医師、看護師など私たちと一緒に働いてみませんか?

臨時休診のお知らせ

2月27日(月)
外科 又吉一仁先生
代診なし

3月2日(木)、9日(木)、14日(火)、15日(水)、16日(木)、23日(木)、28日(火)
内科 渡辺毅先生
代診なし

3月16日(木)
循環器科 三戸征仁先生
代診なし

3月17日(金)
消化器科 田井真弓先生
代診なし

3月24日(金)
リウマチ・膠原病内科
佐々島朋美先生
代診なし

3月27日(月)
消化器科 鈴木智浩先生
代診なし

3月28日(火)、30日(木)
消化器科 喜田栄作先生
代診 28日 小屋先生
    30日 田井先生

3月30日(木)
皮膚科 伊藤崇先生
代診なし
 

3月31日(金)
泌尿器科 沢田勇吾先生
代診なし

3月31日(金)
消化器科 入江大樹先生
代診 松岡先生

Go Page Top