いわき市の福島労災病院のサイトです。

MENU

地域がん診療連携拠点病院

概要

当院は厚生労働大臣より地域がん診療連携拠点病院の指定を受けています。

がん診療連携拠点病院とは

 がん診療連携拠点病院とは全国どこでも質の高いがん医療を提供することができるよう、がん医療の均てん化を図ることを目的に県が推薦し国が指定する医療機関です。がん対策を総合的かつ計画的に推進することを目的に制定された 「がん対策基本法」(平成18年6月公布、平成19年4月施行)においても大きく分けて① がんの予防及び早期発見の推進、②がん医療の均てん化の促進等、③ 研究の推進等の3点が基本的施策として掲げられています。がん診療連携拠点病院はその役割により都道府県がん診療連携拠点病院と地域がん診療連携拠点病院に分かれています。

(1)都道府県がん診療連携拠点病院

 都道府県がん診療連携拠点病院にあっては都道府県に1ケ所程度整備されることとなっており、都道府県の中核的な病院として高度ながん医療の提供をはじめ 地域がん診療連携拠点病院等に対する研修や診療支援等を行うもので、福島県においては福島県立医科大学附属病院が指定されています。

(2)地域がん診療連携拠点病院

 地域がん診療連携拠点病院にあっては2次医療圏(福島県においては、会津、 南会津、県北、県中、県南、相双、いわきの7つの医療圏があります。) に1ケ所程度整備されることとなっており、2次医療圏の中心的な役割を担う病院として専門的ながん診療の実施や地域住民に質の高い医療の提供を行うもので、当院は平成15年8月26日にその指定を受けています。

 

地域がん診療連携拠点病院としての取組について

 地域がん診療連携拠点病院の機能については、診療体制として集学的治療の提供体制及び標準的治療等の提供・化学療法の提供体制・緩和ケアの提供体制の整備等、専門的な知識及び技能を有する医師及びコメディカルスタッフの配置等、専門的ながん医療を提供するための治療機器及び治療室等の設置等が求められており、情報の収集提供体制としては相談支援センターの設置・院内がん登録の実施等、研修の実施体制としては2次医療圏においてがん診療に携わる医師等に対する研修の実施等が求められています。

 このことから、当院はがん診療連携拠点病院として、いわき地区等におけるがん医療の中心的な役割を担い、確実にその使命を果たすことを目的として、院内に医師・看護師・薬剤師・放射線技師・臨床検査技師・理学療法士・作業療法士・心理判定員・MSW・診療情報管理士等の各専門職種からなる「地域がん診療連携拠点病院委員会」を組織し、チーム医療での活動を通して質の高い医療の提供を行っ ています。

 また、その活動を更に効率的且つ機動的に機能させるべく「地域がん診療連携拠点病院委員会」を

  1. 化学療法室運営部会
  2. 化学療法治療計画審査部会
  3. 在宅・緩和ケア部会
  4. がん登録部会
  5. 相談支援部会
  6. がん対策広報部会
  7. 放射線治療部会

の7つの部会に細分化し各々が積極的に活動しています。

 

PDCAサイクルの構築

当院の診療機能や診療実績、地域連携に関する実績や活動状況の他、患者QOLについて各部会で把握・業務計画を作成し、各部門の代表者等で構成される「地域がん診療連携拠点病院委員会」へ報告・提案をしています。委員会は各部会の実績や活動状況の報告をもとに業務計画に沿っているか評価し、沿っていない部分を改善策を講じるよう指示しています。重要事項においては必要に応じ、院内の運営会議や幹部会議にて報告しています。
院内のこれらの活動状況を福島県がん診療連携協議会や各部会の場で情報共有、相互評価をしています。そして、協議会や各部会で得た情報を当院に持ち帰り、共有・改善策を講じています。

PDCAサイクル

治療

1.化学療法運営部会

 最近の医療においては、「病気を治す」ことはもちろんですが、その治療過程や結果におけるQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)の水準を高く保 つことが大切とされています。これは、がんの化学療法においても同様であり、その手段の一つとして「外来化学療法」があります。
 当院では2002年8月に外来で抗がん剤の点滴を受けていただく患者さんのための専用の部屋「外来化学療法室」を開設しました。
化学療法室

 

化学療法治療件数

 

1-1.外来化学療法室の概要

「外来化学療法」での治療を受けておられる時間を少しでも快適にお過ごしいただけるように設備の充実を図っています。

  • 病床数 : 10床(ベッド)
    ベッドには、液晶テレビ、テーブル等が備えられており、治療中のテレビ鑑賞、読書や飲食ができるようになっています。
  • 主な診療科 : 外科、消化器科、呼吸器科
    治療中の安全を考えて、2006年6月より原則として入院中の患者さんの化学療法点滴も外来化学療法室で実施しています。
  • 看護師 : 1~3名
    外来治療室には化学療法専任の看護師が常駐しています。また、がん化学療法看護認定看護師が、患者さんのおかれている状況や治療過程を理解して心身ともにサポートできるように看護を行っています。各科外来や各病棟と連絡をとり患者さんの看護を継続して行えるように努めています。
  • 薬剤師 : 1~2名
     
    化学療法室で実施される点滴は、薬剤師による監査を受けた後、薬剤部の製剤室にて専任の薬剤師により無菌的に調製されています。

1-2.外来化学療法室の実施状況

  • 化学療法実施件数(入院患者実施件数含む)
    12件~20件/日    200~299件/月
  • 主な疾患
    診療科 がんの種類
    内科 大腸がん、乳がん、肺がん、悪性リンパ腫
    外科 食道がん、胃がん、大腸がん、乳がん、膵臓がん、肺がん
    消化器科 食道がん、胃がん、大腸がん、膵臓がん、肝臓がん
    呼吸器科 肺がん
    泌尿器科 膀胱がん
  • 運用について
    外来化学療法室での治療を安全に実施するために、当院ではマニュアルを作成して実施運営にあたっています。
    【マニュアルの主な内容】
    ・がん化学療法における基本事項
    ・プロトコルの登録
    ・薬剤・外来治療室の予約
    ・化学療法注射箋の運用
    ・外来治療室実利用
    ・外来治療室の感染対策
    ・血液検査の扱いについて
    ・がん化学療法フローチャート
    ・化学療法看護サマリー記載基準
    ・アバスチン点滴静注用
    ・アレルギー発生時対応マニュアル

1-3.外来化学療法ご利用の流れ

  1. 予約券を直接受診している外来窓口に出して下さい。
  2. 質問表の記入をお願いします。(身体の調子などを遠慮せずお書き下さい。)
  3. 体温・血圧を測ります。
    【血液検査のある方】 → 血液検査を2階採血室で行います。(受付で案内します。)
    【血液検査のない方】 → そのまま④へ
  4. 担当医が診察します。(血液検査された方は、結果がとどいてからの診察となります。)
  5. 診察の結果、化学療法を受けることが決定しましたら、「外来治療室」へお越し下さい。
    (初めての方は、受付より案内いたします。)
  6. 専任薬剤師により調製された点滴が到着後点滴開始となります。
  7. 終了後、会計窓口にお名前をおっしゃってください。
  8. 精算して、ご帰宅です。

1-4.外来化学療法に関するお問い合わせ

 私達は、皆様ができるだけ安心して治療が受けられるように対応いたしますので、気になることや不安なことは遠慮なく、医師・看護師にご相談下さい。
 また、外来治療室へのご質問等は外来師長または外来治療室(内線2255)へお気軽にどうぞ。

2.化学療法治療計画審査部会

 当院では、より安全で質の高いがん薬物療法を実施するために、治療毎に薬の種類や量、方法などを時系列で示した治療計画書(レジメン)の登録制をとっています。
 登録に際しては、その療法の有効性・安全性について記してある文献や各種ガイドラインを提出し、審査委員による審査を受けた後、登録となります。
 レジメン登録制は過剰投与や重複投与による医療事故を防止や院内での治療の標準化にも役立っています。

2-1.化学療法レジメンの審査

2-2.登録レジメン

こちらよりPDFをダウンロードしご覧ください。

3.放射線治療部会

 福島労災病院放射線科放射線治療室は、2010年5月に新たな放射線治療システムを導入しました。放射線治療はいまや手術、化学療法と並んで、がん治療の3本柱の一つです。これらを最善の形で組み合わせる(集学的治療)ことで、治療成績の向上が得られます。
 放射線治療は手術と同様、局所治療と言われ、病気の部位のみの治療となります。放射線治療は
  1)患部を切除しないため機能・形態の温存に優れている
  2)手術不可能な部位でも治療が可能
  3)手術に比べて体への負担が少なく高齢者・状態の悪い方にも適応となる
などの特徴があります。問題点としては
  1)がん細胞の種類により手術より効果が低い場合がある
  2)がん周辺部の正常臓器(組織)に放射線の障害(副作用)が起こる可能性があります。
 新放射線治療システムは最新のテクノロジーを装備しており、より高度な治療が行えるようになりました。それらを駆使することによって、放射線治療の需要に対応が可能となり、地域がん医療・地域支援に一層の貢献を致したいと考えております。

3-1.放射線治療実績

こちらよりPDFをダウンロードしご覧ください。

3-2.治療機・施設

ライナック装置(放射線治療装置)

 最新鋭のライナック装置では、画像誘導放射線治療(放射線治療する部位をX線で確認してから治療を開始)などの最新技術の導入により、病巣をより正確に狙う高精度の放射線治療が可能となり、治療効果の高く、副作用の少ない放射線治療の提供が可能となっております。

放射線治療計画用CT装置
 

 放射線治療計画用CT装置は放射線治療時のあらゆる体位・固定具使用時に対応すべく通常の診断CT装置と異なり大きな口径(CTの穴が大きい)になっております。その他ライナック装置と同じ寝台を使用し位置精度の高い計画および治療が可能です。

放射線治療計画装置

 放射線治療計画装置は放射線治療方法を模擬的に計画して評価するもので、放射線治療計画用CT装置と連動し、CT画像をもとに治療部位の設定、照射方向、 放射線量を設定することができます。また放射線のリスク臓器(脊髄など)と放射線照射部位の位置特定が容易に行え、精度の高い治療が可能です

放射線治療操作室

 高度で安全な放射線治療を提供するため、各種の機器が揃っております。患者さん安全管理のために室内を監視できるモニタを設置しております。高度で安全な放射線治療を提供するため、各種の機器が揃っております。患者さん安全管理のために室内を監視できるモニタを設置しております。

治療環境・待合室等

 当院の放射線治療部門は患者さんの治療環境を考慮し、床は木目調、壁は暖色系、治療中にはクラシック等のBGMを流しています。また待合室にはテレビを設置し、放射線治療説明ビデオを見ることができあらゆる面で患者さんへの配慮を考えております。また放射線治療を受ける患者さん用に現在パンフレット準備しております。

3-3.お問い合わせ

 地域医療連携室にお問い合わせください。 
  【地域医療連携室直通】 TEL:0120-002-181   FAX:0120-126-610
 なお、放射線科診察および治療計画策定日は、第1、3、5週は金曜日、 第2、4週は木曜日 午後 となっております。
 放射線治療は、当院から近くにお住まいの患者さんは通院治療が可能です。遠隔地にお住まいで通院治療が困難な患者さんまたは入院治療を御希望の患者さんには、病診連携室を窓口として個別に当院医師との連携にて対応いたします。もちろん、各施設に入院しながら当院に通院可能な患者さんにも対応いたします。

緩和ケア

 当院の訪問看護室は従来よりがん患者を対象とした緩和ケアをしており、携わるメンバーも緩和ケアチームと重複するため、緩和ケア・在宅部会として活動しています。

緩和ケアって?

 がんによるからだやこころの苦痛を持つ患者さんや家族に対して、痛みやさまざまな辛い、苦痛な症状を和らげる医療を緩和ケアといいます。緩和ケアは、決して痛みが強くなってきてから受けるものではなく、がんと診断されたその時から受けることが望ましいのです。病気を持ちながらも人間としての尊厳を持って生きていくことができるように、患者さんとそのご家族の生活の質の向上を支援します。

緩和ケアチームって?

心配事に対してサポートする体制を整えています。当院の緩和ケアチームは、医師、看護師、薬剤師、医療ソーシャルワーカー、栄養士、理学療法士、作業療法士、臨床心理士という多職種によるメンバーで構成され、それぞれの専門家が協働して以下のような活動をしています。

  1. がんによる苦痛症状や痛みの緩和のための病棟ラウンド
  2. 統一した治療が受けられるように痛みのプロトコルの作成
  3. 実施した治療や看護の評価
  4. 緩和ケアの知識や技術を向上させるための研修会の開催
  5. 緩和ケアリハビリテーション、緩和ケア訪問リハビリテーションの実践

緩和ケアチームラウンドの実績

<緩和ケアチームラウンド>

・週1回病棟ラウンドを主要メンバーで主治医や病棟看護師からの
 相談に対応し、家族面接、病室訪問なども行っています

<緩和ケアチームミーティング>

・月1回のミーティングではラウンド報告、学会や研修会の報告 
 院内の緩和ケアに関する諸問題について検討をしています

緩和ケア外来

 がん患者の痛みやその他の苦痛症状を緩和するため毎週木曜日15:00~16:00に緩和外来を開設しています。患者さんやご家族の希望があれば受診できます。受付窓口は相談支援センターにご相談ください。
がん性疼痛看護
認定看護師

緩和ケア訪問リハビリ

 緩和ケア訪問リハビリテーションを行っています。患者さんとその家族の要望を把握したうえで、その時期に可能な最大限の日常生活動作支援や症状緩和(浮腫など)を行います。
理学療法士

訪問看護についての紹介

 当院の訪問看護室は平成8年に開設し在宅緩和ケアを中心に看護してきました。いわき市は、高速道路のインターチェンジが5箇所もあるほど面積が広く、四季折々の風景の中を、東西南北に当院のトレードマークであるふくろうが描かれた車で訪問しています。

 平成21年12月の緩和ケア病棟開設に伴い、訪問看護部門は緩和ケア病棟に併設されました。在宅看護を希望される場合は、入院中に輸液ポンプの使用方法や看護の指導を受け、在宅に移行するシステムをとっています。

 住み慣れた我が家で、最期の時間を家族やペットに囲まれて自分らしく過ごせるように、私たちが支援させていただきます。

相談・がん登録

地域がん診療連携拠点病院の指定要件で、以下のように院内がん登録についての項目があります。これらを満たすために日々私たちが行っていることを紹介させていただきます。

院内がん登録について

  1. 健康局総務課長が定める「標準登録様式」に基づく院内がん登録を実施すること
  2. がん対策情報センターによる研修を受講した専任の院内がん登録の実務を担う者を1人以上配置すること
  3. 毎年、院内がん登録の集計結果等をがん対策情報センターに情報提供すること
  4. 院内がん登録を活用することにより、当該都道府県が行う地域がん登録事業に積極的に協力すること

 まず、【1】で書かれている「標準登録様式」とは、「がん診療連携拠点病院 院内がん登録標準登録様式 登録項目とその定義 2006年度版修正版」のことで、この登録様式に則り登録をしています。
 次に、【2】にがん対策情報センターによる研修を受講した実務者とありますが、「院内がん登録実務初級者研修会」という研修会が開催されており、この研修を受講していなければなりません。この初級者研修修了後も私たちの「がん」についての勉強は続き、色々な研修を受講しています。

 そして、登録されたデータですが、【3】により、「がん対策情報センター」に、【4】により、「福島県」へ提供し積極的に協力をしております。 なお、登録数(2008年登録症例)を別途PDFファイルにて参照いただけますので、こちらもご覧下さい。

院内がん登録数データ

 

実務者と研修修了者の紹介

稲葉 由美 院内がん登録実務初級者研修修了
院内がん登録実務中級者研修修了
院内がん登録実務指導者研修修了
馬場 祐之 院内がん登録実務初級者研修修了
院内がん登録実務中級者研修修了
菅 由里子 医師事務作業補助者

 

Go Page Top